My inspirations...

from Journey, Nature, Words with Love

五感を刺激し、語りかける小さな芸術作品。

私たちは、時に自分の中にある小さなかけらをあらゆるモノやコトの中に見出すことがあります。それは、心にそっと触れる瞬間なのかも知れません。

私の小さな芸術作品があなたに幸せを運び、心にやさしく寄り添うことが出来たならどんなに嬉しいことでしょう。

人と人とが繋がって新たな扉が開くように、小さなアートとの出会いによって紡ぎ出される物語が美しいモノで溢れますように ....。

A small artwork that stimulates the five senses and conveys a message.

Sometimes we find little pieces of ourselves in many things.

That moment may be touching our heart gently.

How delightful I would be if my little artwork brought happiness to you and gently touch your heart. As people connect and new doors open I wish that the story born by meeting people and art will be filled with beautiful things .....

Photo by Terumasa Honda

Yukiko Kakimoto

 

京都で生まれた彼女の創作の起源は幼少期にあります。

絵を描くことや物語を作ること、そして、自由に造形的な何かを創り出すということに夢中な女の子でした。

 

京都文教短期大学を卒業後、華道家元池坊で日本古来のいけばなとマミフラワーデザインスクールで花のデザインを学びディプロマを取得しました。

 

1994年より、ブライダルフラワー企画制作、フラワーデザイン並びにアロマテラピー講師としてキャリアをスタートしました。

花のグループ展(日本/京都、大阪、東京等)、セミナー(日本/京都、大阪、東京、中国/上海等)多数。

​その後も花だけにとどまることなく、様々なキャリアを重ねながら、あらゆる素材を自由に反映させた造形作品を発表してきました。

 

2015年、家族の突然の病によって、全ての仕事から離れることを余儀なくされましたが、彼女の創造はとどまるところを知らず、日々の暮らしの中で再び、作品を作り始めるようになりました。

 

そして、点と点が繋がって線になり、何かに導かれるようにしてジュエリー作品が生まれました。

身に纏う小さな手のひらサイズのアート。

これまでの彼女の知識と経験が集約されて、ひとつのカタチになりました。

彼女は時空を越えて、誰かの心に響く、唯一無二の作品をこれからも愛と共に届けます。​

Yukiko is a visual artist.

Born in Kyoto, Japan, the origin of her creation is in her childhood.

She was a girl who was fascinated with drawing, making stories, and creating something freely.

 

After graduating from Kyoto Bunkyo College, she studied Japanese traditional Ikebana at Kadō Iemoto Ikenobo and flower design at Mami Flower Design School and earned a diploma.

 

In 1994, she started bridal flower planning and production, flower designs and aromatherapy instructing. Also completed many flower group exhibitions (Japan / Kyoto, Osaka, Tokyo etc.) and seminars (Japan / Kyoto, Osaka, Tokyo, China / Shanghai etc.).

 

Since then, she has done not only flower designs but while building her careers she has also presented artwork that freely used various materials.

 

In 2015, the sudden illness of her family forced her to leave all work, but her creative activity never stopped, she began to make works again in daily life.

 

And, like the dots connect and make a line, and guided by something, the jewelry works were born.

Small palm-sized art that is wearable.

Her past knowledge and experience were integrated and made one form.

 

Beyond time and space, she will keep offering one and only works with love, that touch someone's heart.

Member Klimt02

© 2019 yukiko kakimoto All Right Reserved.