Wearable Art

​ 〜 アートを身に纏う 〜

Statement

Contemporary Art Jewelry for N°4.


“N°4” is the heart chakra.
Everything has a vibration, and we more or less influence each other every day. Through my pieces, I want to cast a good spell on your heart.

 

I'm a self-taught artist who for long time has been developing my own unique style of work. My artistic approach is intuitively and combines different disciplines that I have been practicing indiscriminately from an early age. I'm focussed mainly on combining wearable art with beautiful Japanese unique culture.

My pieces are colored with the technique of “Kintsugi” on the base made with the power of earth and fire. The process until the jewelry is made is linked to our life.
“Kintsugi” is a unique culture in Japan that repairs the broken or chipped ceramics. The technique not only repairs the broken teaware with lacquer but also decorates the joints with gold, silver, tin, etc. Kintsugi was born from the delicate aesthetic sense of the Japanese who valued and appreciated even the cracked traces. 
Urushi (Natural lacquer) extracted from plants slowly solidifies over time, and by layering it multiple times, it turns into a stronger product.
It's a bit like our life, where we go through bittersweet, destruction and rebirth, sometimes leaving all to God, and eventually grow with love. 

And this jewelry is made of a material that will eventually return to nature just like us.

We are part of nature.
Living on the planet earth, we are currently facing various environmental issues. Even when we look back in history, we have lost many things because of natural and man-made disasters and recovered from there numerous times. Everything is constantly changing and it is unstoppable.
It is as if we are encouraged to remember that we are part of nature.

My pieces are made of blessings from nature and created by dialoguing with the material. It's my love, passion and prayer.

*Yukiko's jewelry are unique pieces that you can use habitually for a long time, regardless of the times or trends. In case it breaks due to any accident, please feel free to contact me if you are still fond of it and want it to be reborn.

"N°4"のためのコンテンポラリー アート ジュエリー

“N°4”は、ハートチャクラ。

モノには全て波動があり、私たちは、多かれ少なかれ、日々、影響しあっています。私の作品を通して、私はあなたの心に魔法をかけたいと思っています。

私の芸術的アプローチは直感的で、幼い頃から身に付けてきた様々なジャンルのテクニックを組み合わせ、独自のスタイルで作品を作ってきました。私は現在、主に身に纏うアートと美しい日本のユニークな文化を組み合わせることに焦点を当てています。

大地の土と火のチカラを借りてカタチ作れたベースに”金継ぎ”のテクニックで彩りが添えられた作品。そのジュエリーが完成するまでのプロセスは、私たちの人生になぞらえます。

“金継ぎ”は、割れたり欠けたりした陶磁器を修復する日本独自の文化です。その技法は、割れた茶器をただ漆で接着させて直すだけではなく、その継ぎ目に金や銀、錫などで装飾を施し、その傷痕をも慈しみ愛でた日本人の繊細な美意識から生まれました。植物から抽出された天然の漆はゆっくりと時間をかけて固まり、それを幾重にも重ねることでより強固なモノへと変化を遂げます。

それは、悲喜交々、破壊と再生を繰り返しながら、時に神にすべてを委ね、最終的には、愛によって昇華させるまでのプロセスを辿る私たちの人生と少し似ています。

そして、このジュエリーもまた、最終的に私たちと同じように自然に還ることが出来る素材で作られています。

 

私たちも自然の一部です。

地球という名の星のもとに生きる私たちは今、様々な環境問題に直面しています。これまでの歴史を紐解いてみても天災と人災によって多くのモノを失い、そして、そこからまた、立ち上がるということを私たち人類は何度、繰り返してきたことでしょう。全ては常に変化し、とどまることがありません。

それは、あたかも私たちが自然の一部であることを思い出すように促されているのかのようです。

自然の恵みを材料とし、その素材との対話の果てに出来上がった作品。それは私の愛、情熱、そして祈りです。

 

*Yukikoのジュエリーは、時代や流行に左右されることなく、長く愛用して頂ける唯一無二の作品です。もし、何らかのアクシデントで壊れてしまった場合、その作品に愛着があり、必要とするのであれば、ぜひ、お気軽にご相談下さい。

Yukiko's interview on Klimt02 website. >>> https://klimt02.net/forum/interviews/yukiko-kakimoto-klimt02
Klimt02のウェブサイトにインタビューが掲載されました。

Photo by Terumasa Honda

Biography

Born in Kyoto, Japan, the origin of her creation is in her childhood.

She was a girl who was fascinated with drawing, making stories, and creating something freely.

After graduating from Kyoto Bunkyo College, she studied Japanese traditional Ikebana at Kadō Iemoto Ikenobo and flower design at Mami Flower Design School and earned a diploma.

In 1994, she started bridal flower planning and production, flower designs and aromatherapy instructing. Also completed many flower group exhibitions (Japan / Kyoto, Osaka, Tokyo etc.) and seminars (Japan / Kyoto, Osaka, Tokyo, China / Shanghai etc.).

Since then, she has done not only flower designs but while building her careers she has also presented artwork that freely used various materials.

In 2015, the sudden illness of her family forced her to leave all work, but her creative activity never stopped, she began to make works again in daily life.

And, like the dots connect and make a line, and guided by something, the jewelry works were born.

Small palm-sized art that is wearable.

Her past knowledge and experience were integrated and made one form.

 

CV

京都で生まれた彼女の創作の起源は幼少期にあります。

絵を描くことや物語を作ること、そして、自由に造形的な何かを創り出すということに夢中な女の子でした。

京都文教短期大学を卒業後、華道家元池坊で日本古来のいけばなとマミフラワーデザインスクールで花のデザインを学びディプロマを取得しました。

1994年より、ブライダルフラワー企画制作、フラワーデザイン並びにアロマテラピー講師としてキャリアをスタートしました。

花のグループ展(日本/京都、大阪、東京等)、セミナー(日本/京都、大阪、東京、中国/上海等)多数。

​その後も花だけにとどまることなく、様々なキャリアを重ねながら、あらゆる素材を自由に反映させた造形作品を発表してきました。

2015年、家族の突然の病によって、全ての仕事から離れることを余儀なくされましたが、彼女の創造はとどまるところを知らず、日々の暮らしの中で再び、作品を作り始めるようになりました。

そして、点と点が繋がって線になり、何かに導かれるようにしてジュエリー作品が生まれました。

身に纏う小さな手のひらサイズのアート。

これまでの彼女の知識と経験が集約されて、ひとつのカタチになりました。

© 2020 YUKIKO KAKIMOTO All Right Reserved.