mirror

It's written English near the bottom of the screen.

 

時々、不思議な時間の流れの中にいるように感じることがあります。過去と現在、そして、未来が交差しているような感覚。先日も過去に置き去りにしたモノを”ほら、コレ!”と差し出されたような出来事がありました。

これまでの人生、全て満足出来ている訳ではないけれど、後悔はありません。

でも、ある作品との出会いによって、嬉しい再会がもたらされた時、自分がこれまでやってきたことがムダでは無かったと安堵すると同時に救われたような気がしました。自分では見ようとしなかったこと、特に自分自身のことは気付かないことの方が多く、知らず知らずのうちに心に蓋をしていることがあります。

 

パンドラの箱を開けることは誰にとっても簡単なことではありません。なぜならば、そこには傷ついた過去や未知なるものへの恐れが生じるからです。それが思いも寄らないカタチで開かれる時、すっと音もなく静かに染み込むように無防備な瞬間があります。プロテクトすることもなく、さりげないその瞬間に素直でいられた自分をとても嬉しく思いました。

 

時に私たちはそんな一瞬を受け止められる時もあればそんなはずはないと慌てて搔き消し、拒否してしまうこともあります。過剰に反応してしまう時、それは大抵、自分自身の内にある恐れからきていることを私たちはなかなか認めることが出来ません。上手く交わせたように思えてもまた、繰り返し、手を変え品を変えて同じ課題が私たちの前に現象として現れるのです。

素直に受け止めることが出来た時、私はまたひとつ、神様からのテストに合格したような気分になりました。そして、嬉しい再会の相手にもありがとう!を伝えました。相手には、私のありがとうの意味は通じていないかもしれないけれど…それで、いいのです。何も感じなくても、忘れ去られてもいい、もし、彼に疑問を抱かせたのであれば、また、いつの日かこういうことだったのか!と自分の経験を通して何かを感じてくれればいいなと思っています。

 

私たちは様々な巡り合わせの中で、それが時に自分を写し出す鏡となり、初めて自分自身の真の姿を知るのだろうと思います。

 

私たちはみんな何も持たず、無垢な光を放ちこの世に誕生したけれど、知らず知らずのうちに余分な贅肉を付け、色々な言い訳をしながら自分には既に合わなくなっている服や靴を身に纏い続ける様に手放すことが出来ない荷物をたくさん抱えたまま、前に進もうとしがちです。そのような姿が鏡に映し出された時、おそらく最初は、戸惑い、見なかったことにしようと蓋をして、あるいは誰かのせいにして抵抗を試みます。でも、もう、見ちゃったものね。抵抗は、自分自身が気付いてしまったという証。

 

要らなくなった衣を一枚一枚、剥ぐように、軽やかに自分らしく自由に羽ばたきたいと思った時、色々な物々交換がそこかしこで始まります。それは、モノだったり、情報だったり、何かのチカラだったり、そして、ただ、黙って変わらずに待ってあげることだったり…自分にはもう必要ないけれど、誰かにとっては今、必要なものもあると心得て。そして、誰かの傷に気付いた時、同じ様に自分にもある傷から目をそらすこと無く、手当てすることで全てのことがあっという間に癒されていく…そうして、ありのままの自分のハートに素直になれた時、ようやく、何かが動き出し、循環し始めるのだろうと思います。

 

不思議な時間の流れの中でしか動けないこと、動かないことがあり、全ては前に進むために用意されたギフト。

だから、いつでも良くも悪くも私を映し出してくれるキラキラと純真な光を放つ人たちに私は“ありがとう!”と伝えたいと思います。

 

(English)

 

Sometimes I feel like I am in a mysterious time flow, in which past, present, and future are intersecting. The other day, I was reminded of the thing I left behind in the past, as if I was told "Here you are!".
I am not satisfied with all my life, but I do not regret it.
However, when I had a nice reunion with someone thought an piece of artwork, I felt relieved and saved at the same time that I was not wasteful what I had done so far. There are many things that I did not want to see and I could not realize, especially about myself, because sometimes we cover our mind without knowing.

Opening a Pandora's box is not easy for anyone because there is a fear of painful past and unknown things. When the box is opened unexpectedly, there is a defenseless moment as if it passes quietly without a sound. I felt very happy that I was naturally and effortlessly honest at that moment. 

Sometimes we can accept such a moment, but sometimes we erase it in doubt and panic, and refuse it. We overreact because of the fear within us and it is usually hard for us to acknowledge. Even if we think we avoided it successfully, we will face the same challenge presented in various kinds of events.

When I could accept it without resistance, I felt like I passed another test from God. I also told “thank you!” to the person I reunited. Maybe he didn’t underhand the meaning of my thanks...but that’s fine. Even if he didn’t feel anything and forgot it, as long as it left him wondering, he will hopefully one day meet the answer and feel something from his experience.

I believe that we will know the true figure of ourselves for the first time as we meet people who are mirrors that reflect our image.

We were born in this world without carrying nothing but radiating innocent lights. However, we start to gain extra fat without knowing, as if we wear dresses and shoes that are no longer suitable for us, keep making excuse and holding a lot of luggage we can not let go of. And we have a bad habit of going ahead like that. When we see such an appearance in the mirror, probably at first we will be lost or try to pretend we didn’t see it, or try to deny it by blaming someone. But you already saw it. The resistance is a proof that you realize it.

When we want to open our wings and fly freely and lightly as if we peel off each piece of clothing we no longer need, various kinds of trading begins here and there. It can be goods, information, support, or just a patience to wait silently in the same place... knowing that there is something we do not need anymore but someone else does. And when we notice someone's wound, everything will be healed quickly by never ignoring our own wound and treating it... And then, when we become honest with our true heart, finally, things will start to move and circulate.

There are things that can only move, and can be changed in the mysteries time flow. Everything is a gift prepared for us to step forward.
So, I'd like to say "Thank you!" to those who radiate sparkling innocent lights and always reflect me both good and bad.

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

New
Please reload

Archive
Please reload

Tag
Please reload

© 2019 yukiko kakimoto All Right Reserved.